旅行を楽しくする空港でのショッピング

時間に余裕を持って到着しよう

日本国内には各地域ごとの特色を活かした様々な空港がありますが、特産品を使ったレストランで食事したり、地域限定のグッズを探すのも楽しみのひとつです。空港ターミナルのスペースは主に、チケットと手荷物検査が行われるセキュリティエリアを境界線として半分に分かれています。レストランやお土産店の数は、セキュリティエリアを通過する前の一般区域に集中しています。一旦セキュリティエリアを通過してしまうと引き返すことはできなくなってしまうので、お土産など買い物を空港で済ませたい人は、時間には大きな余裕をもって空港に入ることを心がけると良いでしょう。

事前のチェックで快適に

空港の規模が大きくなればなるほど、セキュリティエリアの先の搭乗口エリアにも、多くのレストランやショップが設置されます。通過前の一般エリアと比較して店舗数や商品数は限られていますが、落ち着いて買い物をしたい場合にはこちらのほうが適しています。理由としては、セキュリティエリアは混雑しやすく、金属反応や荷物の中身のチェックで検査員から指摘があった場合には、大きな足止めを喰らってしまう可能性があるのです。そのような状況に陥らないためにも、持ち込み禁止品やルールなどの事前準備をしっかりしておくと、快適で充実したショッピングも可能となります。